銀行のまとめローン

まとめローンとは?

住宅ローンにカードローン、自動車ローンにまとめローンと実にさまざまな種類のローンが、一言でローンといってもあるようです。まとめローンはその中でも複数の金融会社から既に借り入れを行っている人が利用するローンなのです。まさにローンを一社にまとめるための借り入れのことです。一般的にローンを組む際には、事前に審査を行います。普通は、貸し付けは返済能力を超えるようなものはしません。近頃かなり増えているのは、個人で行う少額借り入れでキャッシングにカードローンと実にさまざまです。人によっては複数社から少しずつお金を借りて返済しているケースも少なくありません。自分自身でローンを管理することすら難しくなることもあるのが、複数から借りている場合で、各社で返済期限や金額が違っているのがその理由です。一社にまとめることで支払い窓口が一括化されるメリットがあるのが、複数のローン会社から借り入れているローンです。最近特に話題になっているのが、銀行でのおまとめローンだそうです。銀行で行っているまとめローンは、銀行以外のいわゆるノンバンク系の金融会社より、利率が低いことも多く利用も年々増えています。経営がしっかりしていることもあり、同じまとめローンでも銀行系の方が安心して利用できるでしょう。

銀行のまとめローン

どんな特徴が銀行のまとめローンにはあるのでしょうか?複数の金融会社から、キャッシングにクレジットカードの支払いと、少しずつ借り入れをしている人もけっこ多いといいます。借金を複数のところでしている場合は、方法としてまとめローンで一社に統一してしまうというものがあります。複数のローンを組むことによって把握できなくなるのは、、実際の借入金額です。支払い期日がいつなのか分からなくなったり返済計画が狂ったりして、支払が返済日にできなくなるおそれもあります。まとめローンはローンの返済窓口を一つにできるので、支払い管理がしやすくより計画的な返済計画を立てることもできます。銀行系の金融会社が扱っているまとめローンは特に人気なのは、利率の低さからです。キャッシングやカードローンなどをついつい気軽に行ってしまい、たくさんの細かい借り入れがある人もけっこういます。複数借りている人は、銀行のまとめローンを利用することも一度考えてみることをおすすめします。事前に審査があるので、誰でも利用できるわけではないのが、銀行でのまとめローンです。場合によっては、勤続年数や借入金額が原因で融資を断られるかもしれません。まとめローンを銀行系の金融会社で利用する場合、一般的には基本的に年収の1/3以内に全体の借入金額が収まっていなければなりません。銀行のまとめローンを利用する際には、事前に自分の借入金額をよく確認し、金利的にも有利になるかよく調べておくことも大切です。

さまざまなまとめローン

まとめローンにはどんな種類があるのでしょうか?案外多いのは、複数社からさまざまなローンを利用して、少しずつ借り入れしている人たちです。簡単に返済計画も立てられるので、できたら一社にまとめたほうが良いでしょう。利率の低い銀行系に複数利用しているクレジットカードのローンをまとめてしまうケースが、実際最近は増加しているようです。通常カードローンといったクレジット会社やノンバンク系から借り入れをしている場合、どうしても金利が高くなりがちです。思い切って銀行系のまとめローンに全部借り換えすることで、金利の負担が更に軽減できることもよくあります。収入に比べて借入金額が多い場合は、借り入れを断られることも、銀行系のまとめローンは審査が厳しいのであるでしょう。銀行系で断られた時におすすめなのは、クレジット会社といった、いわゆるノンバンク系のまとめローンを使う方法です。ローン自体は組みやすい傾向があるるのが、ノンバンク系のまとめローンです。時に注意が必要なのは、よく確認しないと案外金利が高くなる場合もあるということです。案外多いのが、まとめローンは金利負担が軽くなると思い込んでいる人たちです。実際は、たとえ銀行系のまとめローンであっても金利をよく確認してみないとそうとは言い切れません。事前にいろいろな金融会社のまとめローンを気になる人は比較してみることをおすすめします。

銀行のまとめローン関連ページ

一本化のメリット