低金利の変動型住宅ローン

住宅ローンと低金利

住宅ローンを利用する際には、低金利の金融会社や金融商品をできるだけ選びたいところです。住宅ローンは長期に渡る返済になり、高額の借入になってしまいがちです。低金利でなくては、月々の支払い金額も割高になってしまいます。不況や好況の変動によって金利が変わり、住宅ローン金利も当初の予定と異なる場合もあるといいます。住宅ローンを利用する時は、金利変動に関する計算をしておくことです。一般的に住宅ローンの金利は、全期間固定金利型、変動金利型、固定金利選択型の3種類に分けられます。一番低金利なのは、変動金利型です。現在は金利が低く、今後金利が上がっていくだろうと思われる時には、全期間固定金利型での住宅ローンを利用するといいでしょう。固定金利はたとえ世の中の金利が上がっても、逆に低金利となったとしても、当初の金利のまま住宅ローンの利率は変わらないため、支払い金額は常に一定です。国内金利の変動によって住宅ローンの金利も変わるという金利方式が、変動金利型というタイプになります。住宅ローンの金利の中でも、比較的低金利で利用できるものが、変動金利です。一見して低金利に見えるかもしれませんが、今後どうなるかわからないのが変動金利型です。金利が上がれば住宅ローンの返済金額にも関係してきて、月々の返済が厳しくなるかもしれません。

 

⇒ 住宅ローン審査に通らない!その解決方法は?

 

低金利の変動型住宅ローン

より低金利で住宅ローン融資を受けたいのであれば、固定金利型より変動金利型の方が向いています。住宅ローンを変動金利制で借りた場合、半年に1度の頻度で金利が変わります。低金利ローンだったはずが、金利が高くなる可能性もあります。多くの住宅ローンでは、年2回の金利見直しを行いつつも、返済する金額そのものに変動した金利に基づく金額が反映されるのは5年に1度です。改定後の返済額はどんなに高金利に推移したとしても、現行支払っている住宅ローンの金額の1.25倍以上になってはならないという決まりがあります。金利の低さはバブル時代と比較すると驚くほどの差がありますが、低金利の住宅ローンほど返しやすいことは変わりません。金融会社によっては、ほぼゼロといってもいい程の金利で住宅ローンを取り扱っています。住宅ローンを変動金利で借りると、その後に金利が高くなって利息を増えることがあります。住宅ローンの返済額のほとんどが、まず利息部分にあてがわれてしまいます。そのため、住宅ローンの借入金そのものが一向に減らないということがあります。リスクを回避するために変動金利を選択した場合は、できるだけ低金利のうちに繰り上げ返済を行いましょう。速やかに住宅ローンの元金を減らすことが重要ポイントです。より低金利で返済をしたいのであれば住宅ローンは変動金利がいいかもしれませんが、返済の方法に関しても検討するといいでしょう。

低金利時代の住宅ローンの特徴

住宅ローンは、低金利という状況を上手に使うことです。低金利で住宅ローンを組むために大事なことは、利用前に幾つか下調べをしておくことといえるでしょう。低金利で融資を受けたいのであれば、固定金利でなく変動金利で住宅ローンの申込みをしてください。今現在がかなり低金利で推移しています。国内金利が上がっても下がっても変わらないのが、固定金利の特徴です。金利は最初に決められているもので、変えることはできません。日本の景気は、もう何年も何年も不景気が状態を続いています。固定金利で住宅ローンを使っている人はたくさんいるようです。固定金利の住宅ローンには、フラット35やフラット35Sといった、住宅条件や借り入れる人の条件で、一層低金利で融資が受けられるものもあります。固定金利の住宅ローンを低金利の頃に組むことができれば、その後は金利による変動をほとんど受けずに済みます。ライフプランの面においても、住宅ローンが変動要素になりづらくなります。固定金利による住宅ローンは、今は低金利であってもこれから金利が上がる、いわゆる景気の底の状態の時に、需要が高まります。不況が続き金利が低いと、銀行に預金をしてもお金が増えませんが、低金利という条件は住宅ローンを利用する時は格好のチャンスということができます。

 

⇒ 住宅ローン審査に通らない!その解決方法は?