住宅ローンとキャッシングの関係

住宅ローンとキャッシングの関係

住宅ローンの借り入れをするには審査がありますが、かつてのキャッシングの利用履歴は住宅ローンを組むに当たって関係してくるのでしょうか?キャッシングの履歴が、一切影響しないということはないようです。では、キャッシングのどういった利用履歴が、住宅ローンとの関わりを持つのでしょうか?住宅ローンにしろキャッシングにしろ、どちらも他人から借金をしていることになります。用途が決まっているかいないか、金利や限度額などの貸付条件、審査内容などに違いはありますが、住宅ローンもキャッシングも融資を受ける点では一致しています。キャッシングは借りやすく、申込みの手続きも簡単なものです。審査がきついのは住宅ローンの方で、審査の申請をしても結果的に利用できないことがあります。キャッシングをしているということは、もうすでに借金があるということです。住宅ローンの審査では、返済能力がそれだけ低いもの見なされるのです。住宅ローンもキャッシングも毎月返していけるほどの月収がある人でも、キャッシングをしているだけで審査に関わります。キャッシングをしたことがあっても、完済している場合はどうでしょうか?完済していても、借り入れの履歴は5年間残ります。キャッシング履歴があるというだけで住宅ローンの審査を通らない場合もありますので注意しましょう。

 

⇒ 住宅ローン審査に通らない!その解決方法は?

住宅ローンを組む前にキャッシングについてすること

キャッシングの利用歴がある人は、住宅ローンの申込みをしても審査に通らないというのは本当でしょうか?住宅ローンの中には、これまでキャッシングをしたことがあってもトラブルを起こさず返し終わっていればいいと考えているところもあるようです。キャッシングを解約していれば問題ないとう住宅ローンもあります。今現在は借りているお金はなくても、いつでも審査なしで融資可能な契約となっているキャッシングもあります。住宅ローン審査を通らないこともあるようですので注意が必要です。住宅ローンの審査で重視される点としては、月々の返済日にあらかじめ決めていた金額が返済され続けるかという点です。完済までに滞納をしたことがないかが注目される点です。ローン会社の選択や、ローンの返済方法や利用額によって審査の内容は違うといいます。住宅ローンを組むに際して実際に審査を行うのは、銀行自身ではなく系列の保障会社です。保障会社は、個人信用情報会社に住宅ローン申請者の情報を照会することにより審査します。そのため、審査では銀行でどこまで情報収集をするかというより、信用情報会社にある情報の内容が重要です。信用情報会社に管理されている情報をどうこうすることはできませんので、せめて住宅ローンの審査を受ける前にはキャッシングは完済してからにしましょう。

住宅ローンと配偶者のキャッシング

キャッシングもローンも未経験でも、住宅ローンの審査にパスできない場合があります。例えば、配偶者のキャッシング利用履歴に事故情報があったり現在利用中のキャッシングがある場合です。申込者にキャッシングを利用している妻または夫がいても、審査内容とつながりはないこともあります。影響があるのは、どういった事情の時でしょうか?配偶者が連帯債務者になる場合です。住宅ローンを組むにあたり、債務者が一人であるなら配偶者のキャッシング状況や履歴は審査に影響はないようです。夫婦2人で返済するとなると、当然のことながら配偶者の現在のキャッシング状況や履歴も問題視されてきます。夫婦2人で住宅ローンを返済する場合、夫婦の片方が主たる債務者となり配偶者が連帯債務者となる必要があるからです。そのため、連帯債務者になる人についても住宅ローンの審査対象になります。ただし、過去にキャッシングを使ったことある人だとしても、問題を起こさず滞りなく返済が済んでいれば、特に問題扱いはされません。クレジットカードの利用限度額がキャッシングと同様に借金とみなされます。近年こそそうではなくなりましたが、以前はクレジットカードのキャッシング機能を使っていたために住宅ローンの融資が受けられない人もいました。

 

⇒ 住宅ローン審査に通らない!その解決方法は?