ショッピングでクレジットカードを利用する際の注意点

ショッピングとクレジットカード

クレジットカードを一枚携行していれば、現金を持ち歩いていないという時でもショッピングを楽しむことができます。クレジットカードを持っていると重宝します。クレジットカードを持っている人が増加していますが、ショッピングの他にも色々な使い方があることが便利さの理由です。クレジットカードを持っていることが珍しくなくなった昨今では、誰しも一枚は持っているようです。クレジットカードを持ち歩くことによって、まとまった現金を持たずとも決済ができるという利点があります。現金を持ち歩かなくても良いという点では、海外旅行などの長期の外出の際にも、防犯の面でクレジットカードにはメリットがあるとも言えます。クレジットカードでショッピングを行う時は煩雑な手続きは必要としておらず、レジの専用リーダーにカードを通すだけで済みます。本来のカードの持ち主でない人がクレジットカードを使うことがないよう、暗証番号や決済用のサインを書くところもあります。サインをしなくてもクレジットカードが利用できる場合もあります。利息額や支払い手順を確認してみてください。ショッピングなどでクレジットカード払いにした代金は、月単位でまとめて銀行の預金口座から引き落としされます。月のショッピング内容といった請求の詳細はクレジット会社から毎月送られてきます。クレジットカードを自分がショッピングに利用した分に間違いが無いか、確認する事も大切です。

ショッピングで利用したクレジットカードの決済方法

最近では、多くの人がクレジットカードでショッピングをしているようです。決済方法にはさまざまな選択肢があります。一般的には一括払いかリボルビング払いを選択する人が多いといいます。分割での支払いやボーナス時のまとめ払いなどに対応しているクレジットカード会社もあるようです。クレジットカードの利用金額によって請求額が変動するのが一括払いの特徴で、決まった期間内のカード利用金額をまとめて支払うというものです。一括払いでクレジットカードの支払いをする時の良い点は、手数料や利息が少なく済むことです。多くの場合は、利息も手数料も無料になります。ショッピングなどでクレジットカードを利用して購入した商品代金の合計がそのまま支払い金額となります。月々の請求額は一定額までと決まっているのが、リボルビング払いを利用する時の特徴です。クレジットカードで頻繁にショッピングをする人は少なくありません。高額商品を買った月やショッピングでの使用頻度が多かった月には、一括払いではかなりの高額請求になり、支払いが大きな負担になることもあります。リボルビング払いを利用している限り、一定金額以上の請求をされることがないという点で安心です。クレジットカードでのショッピングの際にも返済金額を気にする事無く、高額商品を買いやすいメリットがあります。

ショッピングでクレジットカードを利用する際の注意点

現金の持ち合わせがなくても、クレジットカードがあればショッピングは可能です。商品が欲しいと思った時に、すぐに買えるというのが最大のメリットです。後日、クレジットカード会社から請求が来ますが、それまでに引き落とし用の口座に入金ができるあてがあれば、ショッピングは問題ありません。リボ払いにして、月々の請求金額が一定額以下になるようにしておけば、思い切った買い物も可能です。クレジットカードで決済を行ったなら、カードの精算日までにお金を指定口座に入れておくことを忘れないようにしましょう。クレジットカードの返済履歴に問題が起きたことが記録されないようにするには、口座残高がその月の返済金額を下回らないようにしておくことです。その月に使ったクレジットカードの利用総額が多かったとしても、一括払いになっていれば請求される金額はそのまま反映されます。クレジットカードを使いすぎてしまったために、銀行の残高では返済が追いつかないということもあります。クレジットカードの請求金額は、毎月確認しておくことが重要になってきます。あらかじめ定められた金利ぶんの利息がつくことがリボ払いの注意点です。クレジットカードでの決済額にプラスして、利息がつくことになります。ショッピングで気軽にクレジットカードを利用し、支払いにリボルビング払いを選択する人も大勢いますが支払い期間が長引くほど総支払額も増えるので注意が必要です。