クレジットカード

クレジットカードの仕組み

いったいクレジットカードの仕組みとはどうなっているのでしょうか?最近増えているのが、クレジットカードを商品を購入する時に使う人です。クレジットカードがあれば手持ちの現金がなくても必要な買い物や食事がすぐにできます。クレジットカードはお金を払わずとも物が買えたり、食事ができたりするのはなぜなのでしょう。カードを持つ会員とカード会社と加盟店との三者間の契約で、クレジットカードは成り立っているといいます。ふつうクレジットカード会社がクレジットカードを発行するのは、一定の信用があると判断した会員です。加盟店で会員がクレジットカードを使って買い物をすると、商品を会員に引き渡すのが加盟店です。そしてクレジットカード会社に商品代金を加盟店が請求することになっています。加盟店からの商品代の請求に応えて、クレジットカード会社は加盟店に商品代金を立て替え払いを行います。加盟店の請求に応じてクレジットカード会社が建て替えた金額は、指定日に会員の指定口座から引き落とされるでしょう。引き落としにはいくつかの方法があります。一括で引き落とす方法もあれば、リボ払いや分割払いなど数回に分けて支払金額を引き落とすこともできます。指定の手数料が分割で支払う場合はかかりますが、必要な時に必要なものを手に入れることが可能です。高額な商品でも少しずつお金を会社に支払うことで入手できるという点は、クレジットカードの大きな魅力です。

クレジットカード会社の利益

商品を現金が無くても購入できるので、クレジットカードはとても便利なものだといえます。どんな方法でクレジットカードを発行している会社が利益を得ることができるのでしょうか?年会費自体は主たる収入源にはなっていないようですが、カード会員が直接クレジットカード会社に支払っているお金は年会費です。たくさんの年会費のかからないクレジットカードも実際にはあるのです。クレジットカード会社は、加盟店からの手数料を収入の1つとしています。カードを使って支払った金額に応じて加盟店が支払うべき手数料が、加盟店がクレジットカードで決済をすると発生するといいます。クレジットカードを使える状態に手数料を支払ってもすることで、買い物を客がしやすい環境を、加盟店からすれば作っているといえるでしょう。さらに利益がクレジットカード会社に入るのは、会員が支払いを分割払いやリボルビング払いで行う場合で、利息がつくことがその理由です。利息がクレジットカードに付随しているキャッシングサービスを利用する場合にも、クレジットカード会社の収入となっているようです。他には、保険などの他社からのサービスの仲介手数料があります。明細でクレジットカード会社から送られてくるものには、一緒に保険や旅行の案内が入っている場合があるでしょう。クレジットカード会社は会員に保険に入ってもらうことで、保険会社から仲介手数料を得られるようになっています。

クレジットカードを選ぶ方法

実にさまざまなクレジットカード会社が存在しています。利用限度額が高い銀行系会社のクレジットカードや、支払い方法が多様な信販系会社のクレジットカードが有名です。このほか人気があるのが、発行元のデパートやスーパーで使うと優遇サービスを受けられる流通系のクレジットカードです。クレジットカードの中から年会費のかからないをものを選ぶ人も多いようです。どのような使い方をするかで、クレジットカード会社の選択は変化するのではないでしょうか?クレジットカードを持った時に、何に一番よく使うかを考えてみましょう。旅行によく使うのであれば、マイルを貯めることができる航空会社のクレジットカードがお得になる可能性があります。使い方は人によって様々で、車やガソリン関係に最も多くクレジットカードを使う人や、電話やインターネットでクレジットカードを使う人などがいます。普段は使わない予備カード、最もよく使うメインカード、カード特典や割引サービスを目的に使うサブカードなど使い分けを状況に応じてする人も近頃はたくさんいます。クレジットカードの中でも年会費無料のものなら、特に持っているだけでは問題はないといえます。たくさん利用頻度の少ないクレジットカードを所持している場合に必要があるのは、多少整理することです。クレジットカード会社も様々なサービスを提供していますが、ライフスタイルの変化にともなって、時にはクレジットカードの見直しも大切です。