クレジットカードの申込ができない場合

クレジットカードの申込み

クレジットカードは申込みをして使います。クレジットカードを常に一枚は携帯していると、何かあった時にとても便利です。現金を持ち歩かないのでリスクも減らせます。クレジットカードがあれば、現金を所持していない状態でも決済が可能です。クレジットカードはポイント特典がついていたり、キャッシングカードとしても使えます。ポイント特典や割引サービスに合わせて、それぞれ別のクレジットカードを利用する方もいます。日本以外の国でもクレジットカードへの依存率は高く、クレジットカードが身分証明書として役立つ国もあるようです。クレジットカードを作っていない状態で海外旅行が決まったなら、クレジットカードの申込みをしてカードを作ってもらいましょう。クレジットカードの申込み手順は難しくありません。デパートや販売店のクレジットカードはサービスカウンターで受け付けていたり、常にクレジットカード用のカウンターが作られているところも存在します。クレジットカード会社によっては、インターネットからの申込みができることもあります。事前に調べてみてください。電話で申込みを行い、手続き用紙を郵便で送ってもらうという方法も行われています。クレジットカードの申込みにはハンコと身分証明書として使えるものが求められますので、店でクレジットカードを作る時は保っていくようにしてください。

クレジットカードの申込み内容

クレジットカードの申込みでは、所定の書類に個人情報を記入することになります。内容に誤りがあると審査で断られることがあります。特に収入欄、勤続先の会社名などはきちんと書きましょう。クレジットカードの発行は、断られる可能性があります。クレジットカードを新しく作るためには、必ず審査を受けることになります。審査に通りづらい人としては、正社員として働いていないなどの理由で一定の収入が確保できない人などが該当するといいます。クレジットカードを使った際に返済を滞らせた人や、キャッシング絡みのトラブルを起こした人も審査に通りづらいといいます。クレジットカードの申し込み手続きをする祭には、住所氏名、年齢、連絡先、働いている会社の名前や、現在の収入、働いている年数を書類に書きます。申し込んだクレジットカードに対するキャッシング枠の設定や、リボルビングの可不可も選べます。こうしておきたいという設定があれば、申込み時に手続きをしておくと手間が省けます。主婦など一定の収入のない人の場合は、ご主人の家族カードとして申込みをした方が審査も通りやすいのでおすすめです。審査では、申込みをした人が働いている会社に電話をするなどの在籍確認があることもあります。これまでクレジットカードの返済でトラブルを起こしたことがないかを、申込者の利用履歴をさかのぼって確認しています。

クレジットカードの申込ができない場合

人によっては、クレジットカードの申込みが無理な場合もあります。新規のクレジットカードの申し込み手続きを行っても、審査で断られてカードが作れないということがあります。収入が不安定で、金額自体も多くないアルバイトや無職の場合はクレジットカードの審査で断られてしまうことが多いようです。主婦や学生の場合は、自分自身の収入がなくてもその家の主のクレジットカードの家族カードを作るという方法があります。申込み時に、家族カードを作るようにするとクレジットカードが持てます。クレジットカードの審査に通りづらい人には、過去にクレジットカードの支払いを滞らせたり返済不能状態に陥ったことがある人がいます。クレジットカード会社を変えれば大丈夫だと思っている人もいるようです。けれども金融会社は申込者のキャッシング利用状況を確認する手段があり、隠すことはできません。クレジットカード会社は別でも、情報は共有されていると考えた方がいいでしょう。自己破産の申告をした人や、キャッシングの借入件数が多い人も、クレジットカードは作りづらいといいます。他の金融会社などでローンを組んでおり、返済残高が高いという場合もクレジットカードの審査は難しいようです。意外なところでは、決済に使っていないクレジットカードをずっと所有しているという人も、審査の結果が良くないことがありますので、申込み前に確認してみてください。