クレジットカード利用時の手数料について

クレジットカード利用時の手数料について

クレジットカード利用時の手数料についてです。買い物や食事の際に、支払いをクレジットカードで行うことも最近ではよくある光景です。一括で支払う限り、クレジットカードを使っても現金で支払っても出費額は変わりません。クレジットカード払いにすると特典サービスがつく場合は、こちらの方が得かもしれません。ただし、条件によっては、クレジットカードでのカード決済時に手数料が発生してしまうことがあります。手数料を含む金額をクレジットカードで払わなければならない事態とは、どんな時を指しているのでしょう。元々、クレジットカードの手数料とは、提携店とカード会社との間で発生しているものです。クレジットカードに対応するには、その店がクレジットカード会社と一定条件で契約を結ぶことが求められます。支払いにクレジットカードが使われると、その支払額によってカード会社に支払うべき金額が決定されます。店舗側としては、キャッシュで払うよりクレジットカードで払う方が、手数料ぶんの損をすることになります。お店によっては、この時発生した手数料を請求額に上乗せして客に支払いを求めてくることがあります。ただし、クレジットカード会社の多くは、カード決済時に発生する手数料をカード利用客に請求してはいけないと明確に定めています。クレジットカードを利用した時は、本当に支払い義務がある手数料かを見極めてください。

クレジットカードの手数料の負担

クレジットカードの利用には手数料が発生します。最近は、店で買い物をするとその金額に応じたポイントを貯めておけるようなサービスがあります。一定のポイントを貯めてキャッシュバックをしたり、お得なサービスがあることもあります。何回もその店に足を運びたくなるわけです。店舗によっては、現金で支払いをした時だけポイント加算率が良くなることがあります。クレジットカード会社と提携していても、店にとっては手数料を取られることのない現金払いの方が理想的といえるでしょう。大規模な家電量販店などよく見る手法ですが、現金で支払う方の条件を良くすることで現金払いを推奨しているというわけです。クレジットカード払いと現金払いで、購入金額に応じたポイントの割合を変えるという方法です。現金はその場で決済をすれば済む話ですが、クレジットカードは手数料がかかるため、店は現金払いを重視します。けれども、クレジットカード払いを認めず現金のみという形を取ると、買い物をしてくれる客足に響きます。客側からすれば、現金でもクレジットカードでも、決済金額に変わりはありません。店側は手数料が掛かる分、クレジット払いはできるだけ減らしたいのです。ポイントや割引サービスなどを確認して、現金払いとクレジットカード払いのどちらが有利な買い物ができるのか、一度調べてみるといいかもしれません。

クレジットカードと手数料

クレジットカードの利用は手数料と関係しています。クレジットカードを持つことは、一般化しつつあります。クレジットカードがあれば金銭を所持してなくても買い物ができます。日本でもクレジットカードの利用総額は増える一方です。百貨店での大きな買い物から外食時の決済、毎日の食料品の購入までクレジットカードは様々な局面で使われており、最近では公共料金の支払いにもカード払いが対応しています。基本的には、クレジットカードには年会費がかかります。維持費として毎年カード会社に支払うものです。最近は年会費のかからないクレジットカードも数多くあります。クレジットカードを選ぶ時に年会費不要のカードにすれば、手数料を節約することができるというわけです。また、リボルビング払いやボーナス払いなど返済を部分的に遅らせるような返済には、一定の手数料が利息として加算されます。クレジットカードをキャッシング利用した場合も手数料が発生し、利息という形で返済額に加えられます。クレジットカードは、いつまでの利用額をいつ支払うかが明確に定められています。定められている日以外に返済する時は、その分手数料が多くなることがありので、事前に確認しておくといいでしょう。あらかじめクレジットカードの手数料がどの程度かかるのか確認した上で、支払ったほうが無駄な手数料を負担する必要も無くなります。