キャッシング

キャッシングの過払い

キャッシングを過払いしていませんか?何年も前からキャッシングを利用していたり、以前キャッシングをした経験がある人は少なくないでしょう。過払いの問題は、キャッシング市場に大きな影響を及ぼしています。出資法に定められた利率と、利息規正法での上限利率との間であるグレーゾーンが撤廃され、上限利率が明確化されました。過払い分の請求は、このような事情に基づいています。過払い請求ができるのは、クレジットカードや消費者金融会社から高めの金利でキャッシング融資を受けたことがあり、金融会社に利息を払いすぎてしまっているという人となります。過払いをしていた場合、どのような手続きを行うべきでしょう。キャッシングの過払いをしているかどうかは、年利20%以上の返済をしていなかったどうかを調べることで判断ができます。利息の計算が年利20%より高い金利になっていた場合、返済が過払いかを調べる必要があります。返済期間が長かったという人ほど、なかなか元金まで返済が回らず、結果的に利息ばかり返しすぎていたかもしれません。過払いになっているかを確認するには、融資を受けたキャッシング会社に連絡し、取引の明細を送付してもらうことです。送ってもらった明細を確認し、金利や返済金額がわかれば、キャッシングの過払いになっているかを計算することができるでしょう。

キャッシングの過払い請求

キャッシングの経験がある人にとって、過払い金はとても関心のあることの一つ。長い間かかってキャッシングを返し続けていたという方は、金利が高かったのかもしれません。支払い額が多すぎて戻ってきたという人や、負債の残りがなくなったという事例が過払いでは起こりえます。法律の改正によって過払いが生じるのは、キャッシングを使っていた人だけのようです。利息制限法を超える金利を支払っていた場合には過払いの対象となります。実際に過払いがあるのか、また過払いの場合金額はどの程度あるのかは、取引履歴を請求して支払い額との引き直し計算してみなければわかりません。キャッシングの過払いを確認したい場合は、まず利用した金融会社に連絡して取引履歴をもらいましょう。取引履歴を見て、金利が20%以上で計算されていた場合は、過払い請求が可能となります。どのように過払い請求をするといいかは、ケースによって異なります。金融会社によっては、誠意がみられず、まともに対応してくれないこともあります。一番確実な方法としては、弁護士や司法書士に依頼して、過払い請求するやり方があります。万一訴訟になった場合も十分に対応できるので、満額に近い形で過払い金が返還され易いメリットがあります。

キャッシングの過払いと訴訟

過払いの見込みがあるのは、数年前にキャッシング融資を使ったことがある人です。過払いは、法律改正で明確になった金利以上の利息を支払っていたというものです。払いすぎたお金は、キャッシング会社からの返金が可能です。しかし、キャッシングの過払い請求はうまくいかない場合があります。会社によってはなかなか対応してくれないところも珍しくありません。返金しても、全額ではないという場合もあるようです。訴訟にまで発展することも少なくありません。弁護士や司法書士を間に入れてキャッシングの過払い請求をすることで、請求金額が高いものであってもキャッシング会社側に適切な対応をしてもらえます。ですが、過払い金の2割から5割の金額が、弁護士や司法書士への成功報酬や着手料として払うことになるでしょう。もし10万円の過払い金であれば、2〜5万円程度が弁護士費用になることとなります。できるだけ費用を掛けずにキャッシングの過払い請求したい場合は、個人で訴訟を起こす方法もあります。個人で訴訟を起こす場合は、それなりの知識が必要となります。キャッシングの過払い金の請求とはどのような手続きをするものか、インターネットや本でよく調べてみてください。