キャッシング

女性専用キャッシングとは?

女性専用のキャッシングを目玉商品として売り出している会社があります。育児費用や教育費、家庭の維持費や友人との付き合いなど、お金を必要としている女性は少なくありません。女性の中にはキャッシングに関心のある方が多いのですが、警戒心をキャッシングそのものに抱き利用するのが怖いと思っている人もいるでしょう。女性専用キャッシングは、女性でも安心して利用できるような工夫がされています。例えば電話応対や窓口を全て女性スタッフとし、相談をする女性が話をしやすい環境を作っています。家庭の事情やキャッシングに関する相談事など、男性には言いづらいものもあるでしょう。相手が女性スタッフならば共感を求めることもできるのではと安心できるかもしれません。金融会社から女性がお金を借りることへの気後れ感を、前面に女性専用のキャッシングサービスを押し出すことで軽くしているといえます。心理的な抵抗が女性が単独で店舗に入ることにはありますが、きちんと女性専用を銘打っていれば入りやすいでしょう。キャッシングの中でも女性専用のものを扱う金融会社は増加しています。より低金利のところや、限度額が高いところを探して色々と選ぶことも、ネットのキャッシング比較サイトでできるようになっているようです。女性専用キャッシングの借り換えサービスやおまとめローンなども充実しつつあるようです。

女性専用キャッシングの審査

最近増加しているのが、女性専用のキャッシングサービスを取り扱っている金融業者です。全て対応スタッフが女性である女性専用のキャッシングでは、女性に対する理解が全融資相談においても得られる期待が持てます。場合によっては、女性の顧客に対しては審査の条件が低く設定されているようです。女性は収益が期待できる顧客層と見なしているキャッシング会社もあるのは、男性より返済不能になる可能性が低いからだそうです。そうはいってもキャッシングの審査に、女性であれば誰でも通るというわけではないようです。申し込み時の審査で貸し倒れの可能性が低い顧客かどうか見極め、お金を貸す側としても融資を返済能力の高い顧客に対してしたいと考えているに違いありません。他社での借入件数が多い女性の借り入れや、過去に延滞など返済トラブルを起こしていたりする人の場合は難しいといえます。融資を断られる場合が、女性専用のキャッシングでもあるといいます。キャッシング会社は、それぞれ独自の基準に基づいて審査を行っています。女性専用のキャッシングだとしても、持ち家はあるか、安定した収入があるか、勤続年数はどのくらいか、固定電話があるかといった点は審査の際は重視されます。多くの場合、自由に使えるお金が多い方が、返済能力は高いと判断されるようです。家庭を持つ主婦より、仕事をしている独身女性の方が審査に通りやすい傾向が、女性専用キャッシングでもあるといいます。

女性専用のキャッシングを利用する時

女性専用キャッシングを利用する人には、家族に内緒で利用したいというケースが少なくないようです。パチンコで大負けした、ママ友との付き合いに生活費を使い込んだなど、家族には打ち明けにくい理由で女性専用キャッシングを頼る人もいます。女性専用キャッシングを家族や知人に一切知られずに利用したい場合は、その旨を申し込む時に伝えておくことが大切です。電話口で社名を名乗られることも、内緒で融資を受けたいということが先方に伝わっていれば無いといえます。決して不用意なことは、在籍確認の電話でも言わないようにしてくれるそうです。秘密厳守は、女性専用キャッシングでは、特に徹底しているものです。あまりいい状態とはいえないのも事実なのが、家族に内緒で借りなければならないキャッシングです。法律の改正で年収の3分の1以上の融資はできなくなりました。以前キャッシングした専業主婦の夫が、キャッシングをある日利用した場合です。女性専用キャッシング利用が、妻によって既に年収の3分の1のあるという理由で断られ、お金を内緒で借りている事が夫に知られてしまうでしょう。キャッシング会社から家に電話が入るという可能性も、急な入院などが理由で返済が滞ることであるでしょう。お金が必要でも、女性専用のキャッシングを利用する時は計画的な利用をしていただきたいものです。