主婦キャッシングとクレジットカード

主婦キャッシングとは?

主婦のキャッシングとは名前のとおり仕事を持っていない主婦のものです。キャッシングをパートやアルバイトなど収入が少ない主婦がする事も含まれるようです。キャッシングを収入の少ない主婦がする言うと、けっこう大変なことのように思うのが一般的です。借入額によって、または夫に一定の収入があれば、大手の金融会社ではほとんどの場合キャッシングする事ができます。主婦キャッシングの場合、専用の窓口を作っていたり、電話も女性の専用のスタッフを置いていたりします。主婦の人がキャッシングしやすいように、いろいろと細かい気配りがされています。キャッシングというと、家族に秘密にしている場合もあります。通知を夫へもしないように頼む事が可能であるのも、ひとつの主婦キャッシングの特徴だといえるでしょう。これはアルバイトもしくは、専業主婦の場合であり、正社員の場合は違います。主婦と言えどももしきちんと仕事についている場合は、収入が自分自身にあります。夫への通知などはない代わりに、自分の会社への在籍確認などがある場合が多いようです。サービスには専用のスタッフが対応するなど、女性のキャッシングなのでありますが、少し主婦キャッシングとは違っているようです。

主婦キャッシングと総量規制

総量規制がされるようになり、主婦キャッシングに多大な影響を与えると言われています。総量規制により、今までのように主婦がある程度自由にキャッシングができなくなるからです。総量規制とは何なのでしょうか?この規制は総収入の1/3以上は法律上、金融会社などが出している無担保ローンについて、借り入れができなくなると言うもののようです。収入を証明する物を提出しなければ、一つの会社で50万円以上借り入れがある場合や借り入れ総額が100万円以上の場合はいけないと決められているようです。キャッシングを専業主婦がする際は、承諾書や夫の収入を証明する物などが不可欠となるようです。今までのように家族に知られずにキャッシングするということが難しくなりそうだといえます。主婦を含む消費者保護を目的としているのが、総量規制というものです。規制によって年収の1/3を超えると新規の借り入れができなくなるのが、キャッシング機能のあるカードなども含む借り入れです。世の中から多重債務をなくす事が本来の目的なのがこの規制なのです。実際には理にかなっているかどうか疑問と言う声も上がっているのが現状です。2010年6月に総量規制というのは施行されているので、おすすめなのは主婦キャッシングを利用したいと言う人は金融会社に確認する事です。

主婦キャッシングとクレジットカード

主婦キャッシングが難しくなった場合、まず真っ先に考えるのがクレジットカードのカードキャッシングではないでしょうか?年収の1/3の枠にカードキャッシングも、主婦の人の場合も他の人同様に入ってしまうようです。もし借り入れ枠以上の金額をキャッシングしたいと言う場合は、新規では借り入れはできないと言う事になっています。他にはリボ払いのキャッシングや海外キャッシングも同様です。注意をクレジットカードでしなくてはならないのは、持っている枠分の貸付扱いに使っていなくてもなると言うことでしょう。150万円の貸付扱いに、50万円の限度額のカードを3枚持っているとなってしまいます。もし夫の収入が450万円だとすると、すでに1/3枠分を使用していると言う計算になってしまいます。クレジットカードなどを何枚も持っている人は、使うカードを1〜2枚に限定して所持するようにしましょう。ほかにはキャッシング枠を無くしておくのがおすすめです。総量規制によって全体的に厳しくなったと言えるのが、主婦のキャッシングです。従来は特に夫に知られる事なく、借り入れを主婦もする事が可能でした。夫にばれてしまう事も考えられるのは、主婦の方が収入の1/3の金額を使い切ってしまっていた場合など、キャッシングを夫が利用したくてもできなかった時です。主婦キャッシングをする際は、事前に情報収集をしてから計画的に利用するようにしたいものです。