キャッシング審査の仕組み

キヤッシングの審査基準について

キャッシングには審査がつきものです。審査基準が厳しいところもあれば甘いところもあり、審査の基準は各キャッシング会社によって異なるといいます。一般的に審査の傾向としては、銀行系キャッシングより消費者金融系キャッシングの方が甘いようです。大手より中小規模のキャッシング会社の方が審査に通りやすいといいます。審査が甘いところほど金利は高くなりがちです。貸し倒れリスクや滞納リスクが増加する原因が、この審査の甘さです。高く金利を設定して、キャッシング会社側としては対策を立てる必要があるのです。比較的審査の甘いキャッシング会社は、キャッシング比較サイトなどで探すことができるでしょう。サイトでは審査基準が公開されていませんので、確実にどの会社が甘いかは定かではないようです。申込みを審査が甘そうだという印象で、次々と片端から審査に通らず申込んでいては、その記録が信用情報に残るだけです。キャッシング会社の中から審査に甘いところを探し求めるあまり、闇金融に騙されてしまう人もいるそうです。1年以上現住所に住んでから申込みをする、他者の借り入れを返済してから申込みをするなど、審査に甘いキャッシング会社を探すのもいいですが、審査に通りやすい状況に持っていくことも大切ではないでしょうか?

キャッシング審査の仕組み

キャッシングの審査とは、融資をした相手が確実に返済できる能力を有しているかを見極めるためのものです。キャッシング審査の基準は、各キャッシング会社によって異なるものです。融資は、審査の結果返済能力が十分でないと判断された場合、キャッシング会社から受けることはできないのです。申込みから融資までの時間は、今までは審査自体に時間がかかり、数日間の猶予が必要でした。最近は即日キャッシングといって審査にほとんど時間をかけないキャッシング会社も増えています。キャッシングの審査で確認するのは、身分証明書による本人確認を行うとともに、申込み内容に虚偽がないかということです。審査には通らないと考えた方がいいのは、事実と異なることをキャッシングの申込み書類に書いていた場合です。これらの情報を元に、キャッシング会社は個人信用情報機関に照会します。申込み者が他のローンを利用しているかどうか、過去に利用履歴があるかなどを確認します。個人信用情報機関は幾つかありますが、多くのキャッシング会社は複数の個人信用情報機関に加盟し、照会を行っています。3ヶ月以上キャッシングの返済を滞納したことがある人は、記録が事故情報として残ってしまうそうです。審査をしても消費者金融には、4件以上のキャッシング会社から同時に融資を受けている人には新たな融資を行わないとする自主規制ルールがあるということです。

キャッシングの審査ポイント

キャッシングの審査は、どういった点をチェックしているのでしょう。キャッシング会社によって違っているのが審査基準ですが、キャッシングの審査基準の傾向というものがあるでしょう。書類を申込み時に提出するのですが、それを元に行われるのが審査です。たいていの書類には、住所や氏名、勤務先の会社名や勤続年数、家族の人数、年収、ローンの状況などを記入することになっています。キャッシング会社は過去の事例などに基づき、どのような属性を持つ人が返済能力があるかを判断します。年収が高い人ほど借り入れの限度額も高く設定されやすくなり、年収額は審査基準としては重視される傾向があるといえるでしょう。年収を証明できる書類提出を求められる場合もあるのが、500万円を超える年収がある人です。年収が高い人には相応に高い限度額をつけるため、確たる書類をキャッシング会社は必要とするのです。現在の住居形態も審査の対象となるといいます。分譲マンションや持ち家は、好評価が審査で得られやすいといいます。住宅ローンについて尋ねられることがあるのが、居住年数が少ない場合です。重視されるのは、他のキャッシング会社の利用状況や返済状況です。複数キャッシングローンを利用しているという場合は、ショッピングローンは審査の考慮に入れない会社も多いとはいえ、返済能力に不安ありと判断されることもあるでしょう。