キャッシング

キャッシングと消費者金融

消費者金融系のキャッシングを利用する人は多いようです。最近では、様々なメディアでキャッシングの宣伝を目にします。銀行系、信販系、消費者金融系など色々な会社がキャッシングを行っていますが、それぞれに特性があります。期間を限定したキャンペーン企画を打ち出して、新たな客を取り込もうと熱心なのは消費者金融系のようです。親しみやすいCMなどに影響を受け、軽い気持ちでキャッシングを使う人も多いですが、やはり借金とは恐ろしいという人もいます。どんなにイメージが変わってもキャッシングの本質とは借金であり、借りたお金は必ず返済しなければなりません。つい最近までキャッシングといえば、借金地獄に陥るようなイメージがありました。消費者金融の場合、お金が返しきれなくなると家に押しかけてきたり嫌がらせをすると思い込んでいる方もいます。現在では、1割以上の人がキャッシング融資を受けたことがあると言われているようです。グレーゾーン金利が法律で撤廃されたことにより、キャッシングの金利も明確になりました。グレーゾーン金利がなくなって金利上限がはっきりしたことも、キャッシングへの抵抗感を減じています。消費者金融系は銀行系のキャッシングより審査がゆるいため、たくさんの人がキャッシングを利用しています。消費者金融系は銀行系の会社より、キャッシングの金利が高いことが多いので利用する際にはよく確認することが大切です。

キャッシングの利率と消費者金融

金融会社にも色々な系統があり、銀行が関わっている銀行系、クレジット会社が行っている信販系、そして消費者金融系のキャッシング会社に大きく分類されます。金利の問題は、キャッシング融資を受けたい人がまず確認するところです。かつては銀行系と消費者金融系で金利の開きがありましたが、近年ではどちらも変わらないくらいになっています。まだグレーゾーン金利が存在していた頃は、消費者金融会社によっては違法にならない範囲での最も高い金利でお金を貸していたところもありました。かつては高金利が問題になっていたキャッシングも、20%までと制限されています。20%以上の金利で融資をすると、法律に触れることになります。また、法律が改正されたことによって、収入が少ない人は消費者金融の利用が難しくなりました。法改正のため、消費者金融会社は今、客を増やすことを重視しています。銀行系や信販系キャッシング会社も、消費者金融系と張り合うような形で続々と新たな融資の形を作っています。少ない利息でキャッシングをより身近なものにするために積極的に働きかけています。消費者金融会社の中には、一定期間利率がゼロといったキャッシングサービスもあります。しっかり考えて使えばキャッシングはそう怖いものではありません。むしろ消費者金融を上手に使うことで利便性は高まります。

消費者金融の金利ゼロのキャッシング

消費者金融会社のキャッシングの広告で最近よく目にするものの中には、利率0%という文字もあります。消費者金融系の金融会社が扱うことが多い金融サービスで、決まった範囲内でのキャッシングであれば、借入金に利息をつけずに返済できます。30日以内に全額返済すること、限度額は10万円、初めての顧客に限りといった制限があり、その内容で融資を受けます。法律が改正される前のグレーゾーン金利があった頃は、消費者金融系のキャッシング会社は上限ぎりぎりの高金利で融資を行っているところもありました。この場合、貸す側にとって良い点はないようにも感じますが、キャッシングの審査を経て借入の準備が整った顧客が増えたことは、会社の潜在的な利益です。消費者金融系は、銀行系や信販系と異なり、今でもサラ金のような怖いイメージを引きずっている人も少なくありません。顧客の開拓そのものが、大変になっているという背景事情もあります。銀行やカード会社のように、もともとATMカードやクレジットカードにキャッシング機能がついているような手軽さもありません。消費者金融会社は、キャッシングなどで借り入れしてくれる人がいないと、全く利益が出ません。今までキャッシングに踏み切れなかった人が、無利息で利用するためにキャッシングの審査を受け専用カードを作ることが大事です。どのような制限で借入を行うと金利0%になるかは会社毎に異なります。たいていの場合は、最初の一回だけが金利0%で融資をするという形になっているようです。消費者金融系のキャッシング会社が無利息で融資を行っている場合、条件をまず調べてみてください。