ローン

オートローンとは?

自動車を買うことを目的にしたローンにオートローンがあります。カーディーラーの紹介会社や信販会社から借りることができます。オートローンの特徴は、使い道が自由なローンと違って車を買うためだけのローンという点です。オートローンの金利は、一般的なフリーローンよりも低く、利息が安いという利点があります。融資金の用途が決まっていないローンで自動車を買っても問題はありませんが、オートローンには数々の利点があります。オートローンを使う時に気をつけたいこととして、支払いが終わるまでは、車の所有権は自分にはなく金融会社が持つことがあります。返済中に車を手放したい時は、ローン会社を通さなければいけません。金利の面ではかなり劣りますが、フリーローンは制限がありません。完済しなければ車の買い換えができないという話もありますが、オートローンの内容によってはローンを返している途中でも買い替えは可能です。オートローンを利用すると基本的には所有権留保という形で、車検証の名義はローン会社になります。ローンを全額返済しない限り、名義を換えたり売却したりは認められません。ただし、多くの場合オートローンの返済中だとしても、販売店に相談すれば所有権留保の解除に対応してくれます。車を購入する際に、オートローンは心強い存在といえるでしょう。

オートローンを選ぶポイント

オートローンを扱っているローン会社はたくさんあり、貸付条件はそれぞれ異なります。借入希望金額が決まっているとしても、より低金利のオートローンを使いたいものです。申込み前に調べておくと、何かと役に立ちます。オートローンを選ぶ際に、金利にばかりに気を取られていると結果的に損をしてしまうケースもあります。車を買うために普通のローンを利用することもできますが、オートローンにしておいた方がお得な点もあります。オートローンだけでなく、他のローンを組む時にも指針となるでしょう。利息がどんな割合が増えるのかが、ローンの金利です。金利が何%か明瞭に書かれているローン会社は珍しくはありませんが、その一方で、保証料に関する記述は不明点が目につきます。提示されている貸付条件の中に保証料は込みなのかとうでないか、はっきりしなければ返済総額が算出できません。オートローンを払う場合の保証料とは何を指しているのでしょう。オートローンを完済する前にお金を払い続けることができなくなった時に、債務を保障会社に委ねることを事前に契約しておくものが、保証料という仕組みです。オートローンにおける、保証人という位置づけといえるでしょう。金利が低く設定されているかと共に、保証料の位置づけがどうなっているかもオートローンの返済計画を見極める時のポイントです。

オートローンとフリーローン

オートローンの審査は、各金融会社によって判断する仕組みが違っています。銀行系のオートローンの審査基準は他の金融機関と比べるとかなり厳しい傾向にあります。もしも正社員として仕事を続けており、変動性の少ない給与を受け取っているという実績があって、その給与の振込口座を持っているのであれば、口座のある銀行での融資は通りやすいでしょう。審査に通りづらい人としては、フリーターの人や、非正規雇用で働いている人などが挙げられるようです。銀行系金融会社では、審査結果を待つ時間も長いといいます。大体一週間ほどの待機期間があると考えた方がいいでしょう。銀行ほど審査が厳しくないところがいいなら、消費者金融系や信販系のオートローンです。銀行系と比較すると、自動車販売会社が関わってくる分、低金利での貸付が1番的のようです。オートローンの金利が低く設定されていても、車体価格に上乗せしている販売店もあります。オートローンの金利だけではなく、総支払額を比較する事が大切です。フリーローンを利用して自動車を購入することも可能です。ローンを組める金融サービスはいくつもあのくすが、フリーローンの審査は受けやすいという特徴があります。金利も上手に利用すれば、銀行系のオートローンより安く済む場合もあるので、しっかり比較検討する必要があります。