住宅ローンアドバイザーが必要になる理由

住宅ローンアドバイザーが必要になる理由

なぜ住宅ローンアドバイザーに頼ることになるのでしょう。住宅ローンに関するアドバイザーというと、不動産業者の営業や金融機関の窓口などで、営業的に優位な説明やシミュレーションを受けることが多いのが現状です。どんな住宅ローンがいいか決めたいという時には、そういった説明を受けても十分ではないわけです。2007年に国土交通省・財務省所管の住宅金融公庫が廃止されました。住宅ローンを行っている公的機関が減ったことで、商業活動としての商品説明が多くなりました。住宅ローンアドバイザーは、どの金融機関にも属さないという点が強みです。こういった理由から、住宅普及協会は住宅ローンアドバイザーの認定を行うことで、住宅ローンの選択がしやすいようアドバイザーを育てています。住宅金融普及協会が行っている講座を受け、住宅ローンアドバイザーとして登録されます。住宅ローンを融資は、借入金に応じて低金利で融資を受けられることがあります。金利が変わらない期間をどのようにして選ぶかなど、住宅ローンは難しくなっています。現在、国内で使われている住宅ローンに関係することはたくさん知っているのが自由宅ローンあどばいざーであり、第三者的立場から住宅ローンを判断することができます。住宅取得希望者のライフプランに合った、適切な住宅ローン商品を提案してくれるでしょう。様々な住宅ローンの利点を聞いたとしても、最終的な判断は自分でするものです。住宅ローンアドバイザーの言葉を鵜呑みにするのではなく、自分なりに調べることも大事なことといえます。

 

⇒ 住宅ローン審査に通らない!その解決方法は?

住宅ローンアドバイザーに相談する前に

住宅ローンアドバイザーに相談しようと決めたら、事前にきちんと将来の事について整理しておきましょう。生まれた子供にかけるお金の問題は、かなり比重が大きいことです。中学から受験をし私立学校に通わせたいのか、大学や大学院まで通わせたいのかなど教育費によって、ライフプランは大きく変ります。確定している支出を考慮に入れた上で、住宅ローンアドバイザーはより良いローンを選択します。判断材料として提示できるよう、今後の予定については決めておくべきでしょう。どんな住宅を買ったかで、利用できるローンは違うこともあります。住宅ローンアドバイザーは、物件も参考にしながら、住宅ローンを提案します。マンションを購入したいのか、一戸建て住宅を建てたいのか決めておきましょう。アドバイザーにアドバイスをもらう時点では、買いたいものを明確にしておくほど適切な判断が得られるものです。既に購入したい住宅を1つに絞ってから住宅ローンアドバイザーに相談した方が、より具体的に話を進めることが可能です。金利の動きや、土地と家を不動産価値として見積もった時に今後どのように推移していくか、借り換えなども想定しておきたいものです。住宅ローンアドバイザーに話を聞きに行く時には、条件が狭まっており、将来の見通しもできている方が良いアドバイスが受けられます。

 

⇒ 住宅ローン審査に通らない!その解決方法は?

住宅ローンアドバイザーとは?

住宅ローンアドバイザーとはなんでしょうか?数多くの住宅ローン商品の中から、住宅ローン希望者に適切に商品知識や情報を伝えることができるアドバイザーのことです。住宅ローンアドバイザーに求められるスキルは、顧客の必要としている住宅ローンがどういったものかを見極めることです。そして、その住宅ローンはどういった内容なのかを適切に伝えなくてはいけません。住宅ローンアドバイザーは、特別な資格が必要とはされていないようです。住宅ローンを検討する際にアドバイザーの助言を受けたいという人は、財団法人住宅普及協会の認定アドバイザーを調べてみましょう。財団法人住宅普及協会が住宅ローンアドバイザーとして認可をしている人とは、協会が開催している住宅ローンアドバイザー養成講座の修了者です。協会に登録している住宅ローンアドバイザーは現在3万人を超えているそうです。住宅ローンアドバイザーの検索ページが、協会のホームページには存在します。自分の住まいの近くの住宅ローンアドバイザーを探すことができます。大口融資となる住宅ローンは、どういった借り方をする自分に都合がいいものか、決めかねてしまうことがあります。住宅ローンアドバイザーの意見を聞くことで、自分達のプランに最適の住宅ローンを選ぶことが出来るようになります。