銀行のローンの種類

銀行とローン

ローンを扱う金融機関にはいくつかありますが、関係深いところとしては銀行が挙げられます。預金業務と貸付業務が銀行の主な業務です。お金を預かる仕事とお金の融資をする仕事です。銀行は、金銭を別の種類の金銭に換える両替業務や、手形や小切手などの為替も扱っています。預金業務のうち、当座預金は期限を定めず、いつでも支払う無利子の預金です。定期預金や普通預金は、定められた金利に基づく利子がつきます。銀行にどのような形でお金を預けたいかで、最適な預金を決めるといいでしょう。貸付業務に関しては、住宅ローンや自動車ローンなど大口の目的別ローンや、個人を対象としたカードローンなど小口の融資まで様々です。個人用のローンだけでなく、銀行は事業者への大口ローンについても行っています。ローンは、消費者金融や信販会社などでも取り扱っており、貸付条件や金額については銀行とまた違った特徴があります。何にあてるお金が必要で、金額はどのくらいで返済をどうするかで、ローンは決まります。一般的に銀行でのローンは金融機関として母体がしっかりしている分、何かと安心という印象が強いようです。銀行のローンを第一希望にお金を借りることを考えるという人はたくさんいます。様々な銀行がローンを行っていますが、各銀行によって貸し付けや返済に関する条件は様々ですので、それらを把握した上で検討することが大事です。

銀行でのローンの種類

銀行ローンは、貸付条件や用途によって幾つかの種類が存在しています。一般的にはカードローンやキャッシングといった個人向けの少額貸し付けのローンが一番身近な存在です。借入金の大きなローンとしては、自動車ローン、住宅ローン、学資ローンなどがあります。使い道の限定されたローンで、多くの人が使っています。不動産を担保として入れることで大口のローンが可能になる不動産担保ローンを利用する事業者もいます。銀行のローンを使って、複数のローンを借り換えるというおまとめローンでローン状況の整理をする人もいます。ローンの貸付条件は各銀行毎に違います。金利や金額、返済プランはその都度確認する必要があります。個別のケースごとに、金利や返済プランは違うものになります。低金利で貸付金額が大きいことが、銀行の特徴です。ノンバンクのローンを使うより、返済総額を少なくできます。最も低金利でローンが利用できるわけです。銀行の扱うローンの注意点は、審査が厳しいことです。他のノンバンクでは受けることができた融資が、銀行では信用力不足として認められない場合もあります。銀行によってもそれぞれ融資の条件や金利の計算は違ってきます。銀行にローン融資を申込み、審査がうまくいかずとも、落ち込むことはありません。同じ希望内容でも、異なる銀行であれば利用できることかあります。

銀行ローンの特徴

ローンが利用できる金融機関は数多く存在していますが、ノンバンクよりは銀行が安心できると銀行に申込みをする人は多いようです。ただし、銀行はノンバンクのローンより返済不能リスクを危険視しており、信用力が満たない顧客に対する融資を控える傾向が強いといいます。貸付条件の変更希望は通りにくいですし、審査で断られる可能性が高いことも銀行の特性です。特に資産価値のある担保が無かったり、月々の収入が低い人への融資にはハードルが高い一面もあるようです。少額のカードローンを超えるような高額の貸し付けは、ローンを組みたくても冷たく断られるケースも少なくありません。その反面、十分な収入があるという人や、その銀行に高額の預金をしている人は、銀行ならが有利なローンが期待できます。最近は各銀行ともそれぞれ金利優遇キャンペーンを行い、顧客確保に努めています。ローンを組む予定のある人は銀行で積極的に相談してみるのもいいでしょう。ネット上で預貯金ができるインターネット銀行もこの頃は使いやすくなっています。ネット銀行は実店舗を維持する必要がないぶん、低金利でのローンを取り扱っています。銀行にとって歓迎すべき客とは、借りたお金を月々しっかり返済してくれる人です。借りやすいローンの紹介なども、銀行に期待することができるかもしれません。