ローンの一本化を利用する場合

ローンの一本化

融資元の金融会社を1つに統合することを、ローンの一本化といいます。数社に同時に手数料を払う手間が、ローンの一本化で省くことができます。完済までの計画づくりが楽になり、実行しやすくなります。精神的余裕ができ生活リズムが安定するなどのメリットもあります。ローンの一本化は小口で複数借入のある方や、借入件数は少ないけれども大口で借入がある方に特におすすめの方法です。消費者金融でのキャッシングは手間が少なく、少額の借り入れであれば、その日のうちに融資を受けられることがメリットです。無担保のローンをいくつも利用している方は、今一度、金銭貸借契約書を確認してみるとよいでしょう。キャッシングは利息制限法を守って融資がされていますが、毎月の返済の支払いに対しては元金ぶんが多くないことがあります。毎月返済している金額と、加算されている金利を知った上で、ローンの借換や一本化を検討してください。借入を一本化することにより、月々の返済額を減らすことができるはずです。借り入れ先のキャッシング会社の、個々の借入金額は多くなくても、貸し付け限度眼ぎりぎりの借入で返済が難しいという人もいます。ローンの一本化などで借りているお金を整理する方が、借金に借金を重ねるよりはずっと建設的なことといえます。

ローンの一本化を利用する場合

ローンの一本化は各金融機関への手数料の重複支払がなくなったり、返済管理が簡素化され、返済計画が明確になります。返済に対する精神的余裕ができて、生活リズムが安定するなどのメリットもあります。ローンの一本化が不向きな人も中にはいます。既に利用しているキャッシングの金利が低いものである場合や、借りたお金を返しきるという意思が最初からないという人は、一本化をしても状況は好転しないようです。一本化でローンが楽になる人は、数社から融資を受けているという人です。まずはローンの契約条件を整理してみることが必要です。キャッシング会社の中には、現在の貸付条件より良い金利条件での融資が可能な金融商品を扱っているというところも存在します。新たなキャッシング先を探さずとも、ローンの一本化ができる場合もあります。自分がこのケースに該当しているかどうかを知る為にはどうしたら良いのでしょうか?利用している低金利商品の融資担当者に、他社ローンをまとめて一本化する旨を伝え、融資枠の増額を申し込んでみましょう。今の段階で融資を受けている全額を、そのキャッシング会社から借りられないか確認します。融資を増額する際には審査などを受ける必要がありますが、審査に通ればローンの一本化は可能です。一本化した場合の借入金額や返済プランを明確にして判断をしましょう。

ローンの一本化しない方がよい場合

ローンの一本化にはメリットがありますが、ローンの一本化が必要なケースとそうでないケースがあります。ローンの一本化をする時は、一本化の利点と欠点を理解し、利点を生かせるかどうかを考えて下さい。キャッシング利用が常態化してしまい、完済までやり遂げる意欲が乏しい人には不向きです。ローンの一本化には、数多くの利点が存在しているといいます。これまでの借金を一本化で返済しやすい状況にしたのに、別な借金を作って完済までの道のりを難しくしてしまう方は、一本化をしても無意味です。一本化でローンの返済を楽にしたことが、逆効果になる方もいるようです。一本化によって、借入金が少なくなったと思いこんでしまうというものです。ローンの一本化とは、融資の返済形式を多少変えるだけのものなのです。ローンを組んだことによる実際の借入が帳消しになるわけではないのです。一本化することにより利子を減らし、そのままでいるよりも後の返済額を減らすことはできますが、借入額には変更はないのです。ローンの一本化には、借金を完済するまでは新たな借入を起こさないという強い心構えと意志が必要となります。ローンの借入件数が増えて月々の返済に苦しい時にローンを一本化することは有効な方策ですが、高額融資を受けるリスクも負っています。