不動産担保とローンの仕組み

不動産担保ローンの特徴

ローンを利用する際に不動産担保を入れることを不動産担保ローンと呼びます。数多く出回っているさまざまなローンの中でも、特に不動産担保ローンはより多くの金額をまとめて借り入れしたいときに活用するケースが多いと言われています。お金を借りたい人が持っている家や不動産を担保にして、不動産担保ローンを使うことになります。万一返済が不能になった場合、金融会社はお金の代わりに不動産をもらうことができるローンです。担保を必要としないローンと比較すると、高額の融資をしてもらいやすくなるというわけです。貸付側のリスクを減らすことができる点が不動産担保ローンの特徴です。不動産担保ローンは低金利に設定されているのも、貸す側のリスクが低いためです。実際にどのくらいの融資が受けられるかは、担保として使う不動産がどのくらいの価値があるかによります。条件によっては、億単位の融資も受けられます。不動産担保ローンを使うのは、会社の規模をこれから大きくしたいという人や、不動産投資をより手広くやりたいという人などです。不動産担保ローンは個人を対象にする場合でも5〜10パーセントの融資が受けられ、少ない利息での借入ができます。不動産担保ローンの利点は、返済総額を無担保ローンより少なくできる点にあります。

不動産担保ローンのメリットとデメリット

不動産担保ローンは個人向けでも取り扱っています。会社の社長や新規事業を始めようという人でも、使い道に制約を受けずに使える幅の広いローンであるといえます。会社としての実際に即した収益がまだなくても、手を広げていきたいと考えている人もいます。今のところ業績があまりよくないと、融資の審査が通らないこともよくあります。通らなかった時に不動産担保があることで、融資金額が上がったり、融資が可能になるケースも多々あります。審査に時間があまりかからないことも不動産担保ローンのメリットであり、名義確認ができればほどなく融資を受けることができます。出来るだけ早くまとまった資金をかき集めたい時などは、審査に時間がかからない不動産担保ローンを重宝するものです。担保の評価額にもよりますが、まとまった金額を低金利で、長期に渡って借入を行いたい時は不動産担保ローンは役立ちます。担保に使える不動産が、本人ではなく親であっても融資ができるという不動産担保ローンも存在します。自分名義の不動産がない人は、金融会社に相談してみるのもいいでしょう。不動産担保ローンは不動産が担保になっているため、返済ができなくなった時は代わりに担保にしていた不動産が売り飛ばされてしまいます。貸付条件は担保の種類や不動産の内容によっても異なります。どんな条件で不動産担保ローンを利用するか、よく調べてから使うようにしてください。

不動産担保ローンの仕組み

不動産担保があるかどうかで、ローンの条件は大きく異なります。借りたお金を何らかの理由で返済できなくなった時、差し押さえ対象とできるものが担保です。不動産担保とは担保に不動産を用いることです。一般的には、自身の名前で持っている土地あるいは家屋を用います。ローンを使う時は、不動産担保の有無によって利息や借りられる金額などの条件が異なってきます。例えば、2000万円の土地と建物を不動産担保にしてローンを組んだ場合を考えます。融資を受ける時に不動産担保を立てた場合、金融会社からすればもし何かあっても2000万円相当の土地と建物は押さえられるというわけです。融資をする側も、安心してお金を貸すことができます。一方で不動産担保のできない人や資産価値の低い不動産担保しかない人の場合、融資してもらえる金額は低くなったりします。融資自体が対応してもらえないといったこともあります。各ローン会社は、確実に返済がでそうな顧客にのみ融資を行い、貸し倒れリスクを遠ざけようとしているようです。そのため、ローンを利用する時に不動産担保を使うかどうかはとても大事なことです。住宅ローンを組む場合は、これから購入することによっている家やマンション自体を不動産担保として融資をすることが少なくないようです。